☎ (075)332-6564

 

難治性疾患の方

(病院に行っても

  改善があまり見られないような疾患)

 

 

初回のみ別途、栄養に関することと

日常生活指導などのカウンセリングが必須と

なりますので、30分程度の問診を

受けていただく必要があります。

受けられる事前にメール及びFAXしていただき

年齢・氏名・住所・性別、既往歴、

飲んでおられる薬及びサプリメントの情報。

そして病状により日常生活で困っていること、

不安なこと、一番つらいことなどを

事前情報として教えてください。

そして、疾患に対して

ご理解のあるご家族及び身近な方が

おられましたら初回は同伴していただければ

こちらとしても助かりますので、

ご協力宜しくお願いします。

 

 

初回30分問診 ¥3300(税込)

別途施術代がかかります。

 

電話・FAX (075)332-6564

アドレナルセラピー

  (副腎疲労改善療法)

を受けられる方へ・・・

 

西京区・向日市・長岡京市・亀岡市にお住まいの方、

近隣の駅まで送迎させていただきますので

ご相談下さい🚙

 

 

アドレナルセラピー(副腎疲労改善療法)

 

以下のような症状があれば、副腎疲労かもしれません・・・。

 

:気分が落ち込んで鬱っぽい気がする。

:物忘れが多い気がする。

:朝起きるのが辛い

:起き上がりに立ちくらみがする。

:アレルギー症状が酷くなった

:生活にやりがいを見出せない。

:疲労がとれない。

:PMS(月経前症候群)が酷い。

:太陽の光がまぶしい。

:下半身が太りやすい。

:塩辛いものが好き。

:コーヒーやチョコレートが無性に欲しくなる。

:炭水化物が大好き。

:イライラすることが多くなってきた。

:物音に敏感になってきた。

 

副腎疲労症候群とは・・・

 

副腎が疲れてしまう病気です。

左右の腎臓の上部に乗っている臓器で、様々なホルモンを分泌する内分泌器官です。生命維持を行うために、重要な種々のホルモンが分泌されているため、副腎が正常に機能するかどうかにより生命に多大な影響を与える事になります。病院の検査では何も異常がなくても、鬱のような症状や慢性疲労等が改善しない場合、コルチゾールが影響している可能性が高いです。

コルチゾールはストレスホルモンとも言われ、身体にストレスがかかると分泌されます。コルチゾールが分泌されることによりストレス耐性、回復力が上がり日々のストレスから守ってくれています。

極めて強いストレス、長期間のストレスがあると長期間に渡って分泌し続けるので副腎が疲弊してしまい、身体に不調をきたしてしまいます。

この状態を「副腎疲労症候群」と言います。

先ほど述べた様にコルチゾールの量、副腎の疲弊具合は通常の医療機関に受診して検査しても異常は出ません。身体には様々な以上が出ていても病気といわれるような検査結果は出ないので、精神的な病気と片づけられることもあります。

 

副腎疲労を起こす原因として先天的なものと後天的なものがあります。

先天的なものとしては、遺伝によるもの(両親が何らかの恐怖体験をした場合)母体内での栄養不足があります。

後天的なものでは

:未熟児出生

:頻回の怪我や手術

:交通事故等の恐怖体験

:親の離婚、暴力

:親しき人との離別

:いじめ、受験の失敗

:介護疲れ

:職場でのプレッシャー、口論

:過度な運動

:栄養不足

 

これらの事があると、副腎ホルモンが放出され続けるため、副腎が疲弊してしまい副腎疲労(アドレナルファティーグ)状態になってしまいます。これらの事に心当たりがある方は一度ご相談ください。

施術時間・料金

  (保険適応外治療になります)

 

60分の治療の場合  6600円

90分の治療の場合  9900円 で行わせてもらいます。

少し難しいお話・・・

 

副腎疲労という余り耳慣れない症状の事を書いていますが、最近では自覚症状がなくとも、副腎疲労を起こしている方は沢山おられます。酷いケースになると仕事も出来なくなるような状況になる方も居られます。

 

なぜ、このような事がおこるのか?といった疑問に感じる方も多数おられると思います。

 

この副腎疲労(アドレナルファティーグ)に関しては病院側では最近まで、あまり重要視されてきませんでした。検査の数値が病院での判断材料となる為、アジソン病やクッシング症候群といった状態になるまでは国が保険対象の治療を行ってくれません。

 

そして必ずしも、副腎だけがダメージを受ける訳ではなく、脳下垂体、甲状腺にもその影響が出るケースもあります。(下垂体腫瘍やバセドウも副腎が影響しているとも言われています)

 

現代社会はストレスと無縁に生きる事は不可能ではないかと思います。誰もがストレスを感じること無く順風満帆に生きれたらどんなに良い事でしょう。でも、少しでも向上心、欲求がある限りはそれは無理なことで向き合っていく必要があります。

 

不妊やPMSの女性が増えているのもこの事が影響していると思われます。

卵巣ホルモンと副腎ホルモンの原料となるコレステロールは共に同じな為、どちらかに偏ることにより原料不足という事態が体内で起こるわけです。

 

コレステロールというと一般的には油を連想するわけですが、糖質もコレステロールに変換されます。ですが、糖質で作られたコレステロールは脂質で作られたものより質が落ちる為に、利用されること無く血管に付着したりしてアテローム化の原因となる訳です。

 

そういった事も副腎に影響を与える為、施術を受ける方にはそれらの事も指導を行っていきます。

うめたに整骨院      ブログ

甘い物だぁーい好き♥♥♥ ()
ある日の・・・・ある患者さんと先生の会話患者さん 「先生、背中がメチャイタイんですよ~」先  生 「最近、運動とかしはりました?」患者さん 「何もしてないです」先  生 「重いもの持ったりとか、引っ張ったりとかしました?」      「後、日常動作で腕を伸ばすようなこととか、腕を捻じるような動作は?」患者さん 「いつも通りです、特に変わったことはしてません」先  生 「とりあえず、背中触ってみます
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.