· 

頭蓋仙骨療法について うめたに施術院(整骨院)

当院で行っている、頭蓋仙骨療法について今回は説明します。

 

頭蓋仙骨治療(クレニオセイクラルセラピー)について

 

頭蓋骨は基本23個のパーツが靭帯で結合した状態の骨なのです。人体標本などを見てもらうとわかると思うのですが、頭蓋骨を見るとひび割れのようになっているのがわかると思います。これを繋いでいる物が靭帯なのです。標本状態の時は完全に癒合しているように見えますが、生体であればこの結合部は僅かにですが動きます。

 

この骨が僅かに動くことで、脳を守っている脳脊髄液を動かしています。微妙に頭蓋骨を拡大させたり、収縮させたりして少しずつ動いています。そして脳から脊髄まで送り込んで、脳脊髄液の排出と吸収を促しています。

 

この脳脊髄液がある事で我々は、ちょっとした衝撃であれば脳に異常をきたすこともなく生活する事ができます。この液の内圧がなければ少しの衝撃であっても命の危機にさらされることになります。

 

そしてこの脳脊髄液は他にも、神経伝達物質も運んでおり各組織への伝達も担っているといわれています。私は不調の原因はここにもあると考えます。どの部位でもそうですが、古い体液が動かずに滞留していると新しい情報が伝わらないはずなので、停滞=不調の模式がなりたつと思われます。

 

そして脳脊髄液は脳の第四脳室と呼ばれる部位から分泌され、脳から脊髄までを満たしています。最終的にくも膜顆粒と呼ばれる部位に吸収されるというルートを辿ります。

この一連の流れを整えるのが頭蓋仙骨療法なのです。

 

頭蓋仙骨療法は驚くほどソフトなタッチで行うのには理由があります。頭の部分というのはデリケートな部分でもあり、強く引っ張ることにより、それに負けないように力が入り抵抗してしまうのです。その抵抗を極力起こさないようにソフトに触ります。

 

 

ほんの少しの力の方が、頭蓋骨の抵抗も少なく、素直に動いてくれます(中々動きの悪いケースもありますが)。その為、見た目的には何をしているのかわからないと思いますが、軽いタッチで動かしています。

 

この様な施術ですので、受けている人は気功か何かと思われる方も居られます。頭痛が多い方(頭痛には様々なパターンもあるので問診時に色々とお伺いします)、交通事故後の体調不良の方に何度か施術しておりますが良い方向に変化が現れる方は多いです。もし興味をお持ちの方は当院までご相談下さい。

うめたに整骨院      ブログ

ペプチドって??? ()
久々のブログです(*´▽`*)なかなかアップできなくてごめんなさい(´;ω;`)今回のお話は、「タンパク質吸収」について書いてみます。タンパク質とは、アミノ酸の塊です。これを吸収するのは小腸です。タンパク質を体内で吸収するには分解する必要があります。例えば、シュレッダー➡小腸紙➡タンパク質に、置き換えて連想して見てください。一度に裁断できる枚数ってせいぜい5枚程度ですよね。(厚さにもよりますが)一度に100枚を裁断
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.