· 

年齢と共に 京都 洛西 うめたに施術院(整骨院)

患者さんとお話していると、高齢者の方で、結構な量の薬の処方されている方を御見掛けします。

 

年齢と共に様々な器官が弱ってくるので当然の流れなのかもしれませんが、かえって寿命を縮める事に繋がっている、はたまたかえって苦しい思いをするのでは・・・

という疑問を抱くことがあります。

 

あくまで、私個人の考えではありますが。

 

年齢と共に、肝機能・腎機能と共に低下していきます。当然の流れです。

ですが・・・

 

ここで、肝臓は何をしているのか?という事も簡単に説明しておきますが、肝臓では分解酵素が作られており、その御蔭で体内を正常に保つことが出来るようになっています。(また、肝機能に関しての詳しい事は別途書く予定です)

 

そして、腎臓では体内で必要なくなったものを尿として体外に放出しています。(肝臓で分解されないものは腎臓で排出されないで体内に残ります。腎機能の詳しい事も別途書く予定です)

 

上記の通りの作用を行う訳ですが・・・

さて、薬は体内では異物として認識されるので、排除しようとする働きが起こります。当然その分せっせと肝臓は分解酵素を分泌します。その分解された物を腎臓で排出しようと腎臓が動きます。

 

薬物は分解するのに、食物よりも手間がかかるので肝臓にも負担をかける事になります。当然、そうなってくると腎臓でも排出が上手く出来なくなり蓄積されて行きます。

 

そういった、分解されない物が体内にどんどん残っていく訳ですから、体内に影響が無い訳ないのは想像に難く無いのでは?

 

そういった意味からも、高齢者の方や免疫力の低下している人だけではありませんが、薬ばかりに頼るのではなく代用できる物や、やり方があるのであればそういった方向にシフトチェンジしていく方が、より良い人生を全うできるのでは?と思います。

 

様々な意見や考え方はあれど、人はいつかは死にます。それはゆるぎない事実です。そして生にしがみつき、もがき苦しんで人生を全うするよりも、緩やかに人生を終えるにはこういった事は大事なことではと日々思います。

 

うめたに整骨院      ブログ

甘い物だぁーい好き♥♥♥ ()
ある日の・・・・ある患者さんと先生の会話患者さん 「先生、背中がメチャイタイんですよ~」先  生 「最近、運動とかしはりました?」患者さん 「何もしてないです」先  生 「重いもの持ったりとか、引っ張ったりとかしました?」      「後、日常動作で腕を伸ばすようなこととか、腕を捻じるような動作は?」患者さん 「いつも通りです、特に変わったことはしてません」先  生 「とりあえず、背中触ってみます
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.