· 

インフルエンザワクチンについて うめたに施術院(整骨院)

毎年、世間を賑わせているインフルエンザですが、これって毎年受けないといけないモンなんですかね?という疑問を持っている方、意外に多いのではないでしょうか?

 

正直、世間の情報に流されるまま、はたまた世間の風潮によって受けないといけないような空気を感じます。

 

実際、医療機関での従事者は必須のような流れになっていますがこれって意味あるのでしょうか?

 

現実問題、インフルにかかって死ぬ人より、他の疾患にかかって死んでいる人の方が多いという話も聞きます。お年寄りであれば誤嚥性肺炎も良くある死因の1つといわれます。

 

また、ウィルスというのは非常に進化するのも早く、毎年新型となって現れている気がします。

 

そんなに変化しているのにワクチンが効果発揮しているとは私個人は思えないのですが。。。

 

そして、寝た切りのお年寄りにワクチンを打ってちゃんとした抗体ができるのかも疑わしいところです。

 

それに、一般に接種されているワクチンは不活化ワクチンと呼ばれているもので、死んでいるウィルスを利用したものです。当然、死んでいるので、体内で異物との認識はされても、そこまで免疫が活性してしっかりとした抗体がつくられるのかも疑問です。しかも、有効期間も短く期間が空くと効果を発揮しません。

 

そして、売り文句の「ワクチンを打てば罹患しても軽度に済む」という触れ込みも怪しいものです。実際に自分で罹患して比較していない限りはわからないですよね。

 

後、世間の絶対に打たないといけないという風潮にも疑問を感じます。実際、ワクチン打って罹患している人がいる現状にも関わらず半強制するのはいかがなものかと感じます。

 

と私は思うのですが。人それぞれ考え方はあるので、絶対とは思いませんがワクチンを打つときは、こういった現状も認識して自分の意志、小児であれば親の意思で決めるようにした方がいいと思いますし、こういった情報が拡散されて、そういう風潮になって欲しいと思います。

うめたに整骨院      ブログ

甘い物だぁーい好き♥♥♥ ()
ある日の・・・・ある患者さんと先生の会話患者さん 「先生、背中がメチャイタイんですよ~」先  生 「最近、運動とかしはりました?」患者さん 「何もしてないです」先  生 「重いもの持ったりとか、引っ張ったりとかしました?」      「後、日常動作で腕を伸ばすようなこととか、腕を捻じるような動作は?」患者さん 「いつも通りです、特に変わったことはしてません」先  生 「とりあえず、背中触ってみます
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.