· 

更年期障害 京都 洛西 うめたに施術院(整骨院)

更年期障害というのは、最近耳にすることが多いですね。

 

更年期障害とは、ほてり、イライラ、発汗、冷え、関節炎、疲労感、骨粗鬆などなどありますが、こういった事はホルモンバランスの乱れが原因となって引き起こされることがわかっています。

 

閉経と共にホルモンの分泌量が変化する為に、その状況に対応出来なくなり、こういった症状が発現します。

 

子宮から、エストロゲン、プロゲステロンといったホルモンが分泌されるのですが、これらの分泌が乱れてしまい身体に変調をきたすのが更年期障害と呼ばれます。

 

では、これを少しでも軽減するにはどうすればよいの?という事になると思います。

 

性ホルモンというのは、子宮だけでなく副腎でも作られています。副腎で作られる性ホルモンが子宮から分泌される性ホルモンを補える状態になれば、更年期症状は軽減されると思います。

 

ところが、良いホルモンを造る為の原料が足りなかったり、副腎機能が低下している状態であると、当然ホルモン分泌する余裕がないので、改善されることはありません。

 

そういった事を避ける為に必要なのは、

 

・日常からストレスにさらされ過ぎない生活

・酸化しにくい油の摂取(ホルモンの原料となります)

・腸内環境を整えておく(栄養吸収を良くする為に)

・しっかりとした睡眠

・適度な運動

 

上記の事が症状を軽減させることにもつながりますので、気になる方は日常生活に気をつけてみてください。

 

これらの事でお悩みであったり、施術を受けてみたいと思われる方は、一度当院までご連絡下さい。

 

うめたに整骨院      ブログ

ペプチドって??? ()
久々のブログです(*´▽`*)なかなかアップできなくてごめんなさい(´;ω;`)今回のお話は、「タンパク質吸収」について書いてみます。タンパク質とは、アミノ酸の塊です。これを吸収するのは小腸です。タンパク質を体内で吸収するには分解する必要があります。例えば、シュレッダー➡小腸紙➡タンパク質に、置き換えて連想して見てください。一度に裁断できる枚数ってせいぜい5枚程度ですよね。(厚さにもよりますが)一度に100枚を裁断
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.