· 

睡眠の重要性 京都 洛西 うめたに施術院(整骨院)

どうしても忙しい、どうしても働かなくてはいけない。

 

明日どうしよう?働かないと食べていけない。

 

これは極端ですが、こういった状況になってくると、ついつい寝る時間を削って働くことに費やしてしまう方が多いのではないでしょか?

 

正直、私自信の経験談から言うと本当にこれって効率悪いです!

 

寝不足の状態で仕事をすると集中力も持たないですし、体力も落ちます。そんな状態ですから、風邪も引き易くなるし、ケガや病気も治りにくくなります。

家族がいる方であれば、家族間でのイライラや喧嘩が起こり易くなってしまったりします。

 

私自信、目に麦粒腫(めいぼ)ができて、なかなかなおらなかった経験があります。処方箋はきっちり守っていましたが一向に良くならずに酷くなっていたので、もう一度眼科の先生に相談したら、「君、寝てないやろ?」といわれ薬だけでは治らないという事を実感しました。実際、次の日しっかり睡眠をとると全然マシになっていたので、睡眠の重要性をその時感じました。

 

そして、まだまだ頑張れると思ったら過労で動けなくなってしまうといった状況を招いてしまう事になります。そして鬱になってしまい、働けなくなるといった最悪パターンに嵌る人も沢山おられます。

 

こういった事からも睡眠を削るというのは本当にリスクが大きいです。自律神経に大きく関わります。

仕事柄、昼夜逆転した生活を送っている方も沢山おられるとは思いますが、睡眠はしっかりとるようにして下さい。

 

働く時間を少しセーブしてでも、様々な負の連鎖を起こさない為にも睡眠はとるようにして下さい。結果的にあなた自信も周りの人を不幸にしてしまう可能性もあります。

 

確かに生活していくのに仕事は大事なのですが、色々と周りの状況や先の事も考えて、健康である事がどれだけ重要かという事を認識していただき、睡眠はとるようにして下さい。

 

このブログを読んで下さった方のなかで、そういった状況にあるひとの生活改善につながるキッカケになれば良いかと思います。

 

うめたに整骨院      ブログ

甘い物だぁーい好き♥♥♥ ()
ある日の・・・・ある患者さんと先生の会話患者さん 「先生、背中がメチャイタイんですよ~」先  生 「最近、運動とかしはりました?」患者さん 「何もしてないです」先  生 「重いもの持ったりとか、引っ張ったりとかしました?」      「後、日常動作で腕を伸ばすようなこととか、腕を捻じるような動作は?」患者さん 「いつも通りです、特に変わったことはしてません」先  生 「とりあえず、背中触ってみます
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.