· 

生理学から見た疲労回復について うめたに整骨院(施術院)その4

さて、前回お話した、疲労に関してですが・・・

 

疲労といっても、一つではなく

身体的なもの、精神的なもの、があります。

 

そしてこれらが蓄積することにより、活力が喪失し倦怠感に変わります。

 

倦怠感とは、怠さ、力が出ない状態を指します。

 

そしてこの疲労感がある間に、追い打ちをかけるように運動を行う事で・・・

 

記憶力の低下

睡眠障害

食欲不振

異常発汗

集中力散漫

といった症状が現れだします。

 

疲労を感じるという事は、身体が休息を欲している証拠であり、それを無理することでで怪我を招く事に繋がります。

 

疲労を感じる事により、遊離脂肪酸が増加し血中アルブミンと結合。トリプトファンがアルブミンから放出され血中トリプトファンが増加し脳内に入り込む。その事でセロトニンが生産される。(セロトニンが少ないとうつ症状になり易い)

 

こうした事を防ぐために気をつけないといけないのは

 

運動後疲労を感じる時はストレッチを行い、しっかり身体を温める。そしてしっかりとした睡眠と入浴で、疲労回復させるように心がける事が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うめたに整骨院      ブログ

ペプチドって??? ()
久々のブログです(*´▽`*)なかなかアップできなくてごめんなさい(´;ω;`)今回のお話は、「タンパク質吸収」について書いてみます。タンパク質とは、アミノ酸の塊です。これを吸収するのは小腸です。タンパク質を体内で吸収するには分解する必要があります。例えば、シュレッダー➡小腸紙➡タンパク質に、置き換えて連想して見てください。一度に裁断できる枚数ってせいぜい5枚程度ですよね。(厚さにもよりますが)一度に100枚を裁断
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.