皮膚刺激について 京都 洛西 うめたに施術院(整骨院)

突然ですが、出産って男性にはわからないですが、相当辛いものらしいです。

 

昔、誰かが出産というのは鼻からスイカを出す感覚に似ているというたとえ話を聞いた事がありますが、本当かどうかはさておき・・・。

 

出産を経験した女性は産みの辛さはご存知として、そもそも、なぜ、あんなに細いところから赤ちゃんが出るような構造になっているのか疑問に感じたことはありませんか?

 

実はあの辛さに意味があって、生まれ出る赤ちゃんの今後の人生にも関わっています。

 

人が産まれる前は母体中にいます。その時は呼吸はしていません・・・って訳ではなく、へその緒によって胎盤を通して呼吸をしているんです。

 

ところが、いざ外界に出るという時にへその緒は外れるので、たちまち呼吸ができないという状況に陥ります。

その時点で肺呼吸に切り替わるわけですが、その際に身体を圧迫して呼吸困難な状況にして、肺を動かすように差し向ける為に必要な訳です。肺活力を高める為にも大事なことなのです。

 

そして皮膚刺激が重要な理由として、外部刺激に対する適応もあります。適度な摩擦を与える事により神経を落ち着かせ、軽度な刺激に過度な反応をおこさせない為にも必要な事です。実際に人に触って貰うと落ち着いたりとかってないですか?(当然、気持ちが受け入れられる相手に触られる場合です)

 

そもそも、皮膚と神経は同じ外肺葉由来で、神経も多数通っています。

 

実際に、赤子に触れることなく育てる実験をしていた赤ちゃんが数か月で

尿毒症になりなくなっているケースもあります。

 

そういった事からも、皮膚を刺激することの大切さをわかってもらえればと思います。

うめたに整骨院      ブログ

ペプチドって??? ()
久々のブログです(*´▽`*)なかなかアップできなくてごめんなさい(´;ω;`)今回のお話は、「タンパク質吸収」について書いてみます。タンパク質とは、アミノ酸の塊です。これを吸収するのは小腸です。タンパク質を体内で吸収するには分解する必要があります。例えば、シュレッダー➡小腸紙➡タンパク質に、置き換えて連想して見てください。一度に裁断できる枚数ってせいぜい5枚程度ですよね。(厚さにもよりますが)一度に100枚を裁断
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.