コレステロール 京都 洛西 うめたに施術院(整骨院)

コレステロールって何かあまり良く無いイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?

実際、血管が詰まったりとかの原因となっているイメージを持っている方が多数だとは思います。

 

でも、間違いでは無いのですが、単純にコレステロールが詰まっている訳ではなく、コレステロールが酸化して過酸化脂質という物質に変換されて血管壁にこべりつき、血管硬化、脆弱化の原因となっています。

 

では、このコレステロールって何なの?って聞くと大抵の方は、脂肪という答えが聞こえてきそうですが・・・

 

実は脂質は当然のことながら、タンパク質、糖質からも作られます。

 

そして、血管を詰まらせている原因のほとんどは糖質の過剰摂取により引き起こされています。

 

コレステロールにも質の良し脚があり、脂質で作られるコレステロールが最も質がよく、次にタンパク質、そして糖質の順になっています。

 

コレステロールは身体にとって必要な成分で、ホルモンの原料となります。

 

当然、脂質から作られるホルモンの方がちゃんと機能を果たすことができますが、質の悪いものになると、細胞膜で拒否され血中に残存することとなります。

 

それが、蓄積され酸化することによって動脈硬化を引き起こすのです。

 

その為にも、質の良い油を摂取するようにして下さい。

 

選ぶ基準としては、酸化しにくく、高温で抽出していない物が身体には良い物とされています。

 

基本的には動物系油脂の方が酸化には強いようですので、炒め物向けです。植物系であれば、余り加熱処理を行っていない抽出油で比較的酸化しにくい商品を選ぶようにするのがお勧めです。

 

食卓にこれらの事を少し意識して調理してみてはいかがでしょうか?

うめたに整骨院      ブログ

甘い物だぁーい好き♥♥♥ ()
ある日の・・・・ある患者さんと先生の会話患者さん 「先生、背中がメチャイタイんですよ~」先  生 「最近、運動とかしはりました?」患者さん 「何もしてないです」先  生 「重いもの持ったりとか、引っ張ったりとかしました?」      「後、日常動作で腕を伸ばすようなこととか、腕を捻じるような動作は?」患者さん 「いつも通りです、特に変わったことはしてません」先  生 「とりあえず、背中触ってみます
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.