頸椎へのアプローチ 京都 洛西 うめたに整骨院(施術院)

 

ちょっと、今回は私が普段から気をつけている頸椎の事について少しお話をしようかと思います。

 

頸椎とは頭を支えている部分であることはご承知とは思います。ここの神経が圧迫されることにより様々な弊害が起こりえます。指がしびれたり、腕が上がりにくくなったり、感覚障害等症状は様々ではあります。

 

特に第1頸椎といって、一番上の頸椎は重要な部分で、ここが制限されることにより様々な弊害が生じてきます。ですので、当院では殆どの患者さんにこの部位若しくは仙骨に対してのアプローチを行っております。

 

仙骨に関しては、又の機会にお話しようと思います。

 

第1頸椎は環椎とも呼ばれ頭蓋骨の中に入るか入らないかの微妙な位置にあり、この部分が圧迫されることにより様々な弊害を起こす原因ともなる部位です。

 

頸椎の内側には脳幹と呼ばれる脳の一部があります。

 

脳幹は4つの部位に分けられ、間脳、中脳、橋、延髄に分かれています。各部位の役割は・・・

 

間脳:視床・視床下部の事を指し視床は嗅覚以外の感覚の中継点です。視床下部は自律神経の最高中枢でもあり、内臓の制御・血圧の制御・体温調節・ホルモン分泌を行っています。

 

中脳:運動制御、眼球運動、聴覚の中継を行っています。

 

橋:小脳との情報交換

*小脳は感覚の記憶、バランス調整、大脳のコピー

 

延髄:呼吸、循環の制御

 

以上の事を脳幹は行っています。

 

という事は、この部位が圧迫されることにより、少なからず体内に影響を与える事は理解していただけるのではないかと思います。

 

人が生きて行く上で非常に重要な部位ですので、病院等で検査を受けても異常が発見されない場合、こういった部位が原因となっていることもあります。

 

これらの事からも、首の動きが悪すぎるのは普段から改善するようにした方が良いと思われます。

 

うめたに整骨院      ブログ

お茶にも色々種類あるけど・・・(京都洛西にある・・・うめたに整骨院/うめたに施術院) ()
朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね~(´;ω;`)風邪はもちろん!!インフルエンザも要注意です!!これから忘年会のシーズン(^_-)-☆体調に気をつけたいところです(*'▽')ちなみに、当院の忘年会は最後まで盛り上がり、あっという間に時間が過ぎてしまいました・・・(*´ω`*)今回はこれからの季節に良さそうなお茶のお話です。「柿の葉茶」て見たことありませんか(・・?ビタミンCがずば抜けて多く、コラーゲン合成による美肌。そ
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.