副腎の働き 京都 洛西 うめたに施術院(整骨院)

このブログでも何度か取り上げた副腎ホルモンの役割について今回は書こうかと思います。今回はコルチゾールというホルモンについて書こうと思います。

 

皆さん、副腎皮質ホルモンって言葉を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?これって化学的に作られた、副腎皮質ホルモンのことなんです。(ステロイドというとわかり易いかもしれませんね)

 

これの役割って言うのが・・・

:抗炎症作用

:血圧調整

:感情コントロール

:体内に入った異物を敵か味方を判別

:細胞内液と細胞外液のコントロール

:糖新生

:血糖コントロール

:インスリン分泌調整

といった事がが挙げられるのですが、

 

薬は抗炎症作用の為に利用されることが多いです。

例えば、アトピーの人に処方される例が多い気がします。

 

人がストレス(外的なもの内的な要因)を受けると真っ先に出るホルモンがコルチゾルな訳ですが、頑張らないといけないと察知し血糖値を上げて頑張れる状態にしようとする訳です。

 

だから、身体が疲れると糖質が欲しくなる訳です。

 

ただし、これが多量に分泌されると動脈硬化、糖尿病を引き起こす原因となると言われています。それ以外にも身体の変調をきたす原因となります。副腎皮質系の薬にはこういった弊害が起こりうるため医師が処方箋を出される時も慎重に行われます。

 

軽度であれば効果も早く出て、患者さんも早く楽になるので短期間で治る見込みのある方には処方される事も多いと思います。

 

ステロイドと呼ばれる薬はこういった事からも飲みすぎてはいけないと言われる所以であります。

 

 これらの事からもわかるように、身体の疲れた時は、我慢せずに適度に休んで、ストレスを感じるようなことがあれば解消できるような事を行うようにして日常を過ごすように心がけてください。

 

 

うめたに整骨院      ブログ

ペプチドって??? ()
久々のブログです(*´▽`*)なかなかアップできなくてごめんなさい(´;ω;`)今回のお話は、「タンパク質吸収」について書いてみます。タンパク質とは、アミノ酸の塊です。これを吸収するのは小腸です。タンパク質を体内で吸収するには分解する必要があります。例えば、シュレッダー➡小腸紙➡タンパク質に、置き換えて連想して見てください。一度に裁断できる枚数ってせいぜい5枚程度ですよね。(厚さにもよりますが)一度に100枚を裁断
>> 続きを読む

友だち追加
プライバシーポリシー | Cookie ポリシー
Copyright(C) 2011 umetani-seikotuin.com All Rights Reserved.